【大学生の引っ越し】在学中の場合何する?必要な手続き&段取り!引っ越し後にするべきことと注意点!

スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています。

大学生活を充実させるためには、在学中に引っ越しを考えることもあるでしょう。

しかし、引っ越しの手続きや費用に関して不安を感じることもあるかもしれません。

当記事では、大学生が在学中に引っ越しをする際のポイントをわかりやすく解説しています。

費用が気になるなら正直、仲の良い友達に手伝ってもらうのが
一番手っ取り早いし、安上がりです。

一日で終わらせようとせず、3日くらにわけてやれば意外とすんなりいきますよ。

荷物が多い場合など業者を使う場合の引越し費用は、
移動距離や荷物の量、時期によって変動しますので、注意が必要です。

これから一人暮らしを始めるにあたっては、おしゃれな家具や家電の購入、
引っ越し後の生活費も考慮する必要があります。

その際、引越し時期や学生割引プランを活用することで、
費用をおさえる方法もありますよ。

在校生の方には、生協などに意外と穴場情報があったりしますよ。

特に6月や11月はお得な引越しのタイミングとなっています。

大学生活をさらに充実させるために、お得で手際の良い引っ越しのポイントを知っておきましょう。

大学生の引っ越しに関する詳細な情報は、このページでチェックしてください。

引っ越しをスムーズに進め、新しい環境での大学生活を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
  1. 大学生が引っ越しするとき 【在学中編】/何をする?忘れがちな必要な手続き
    1. 大学生が引っ越しするときに必要な手続き①:ライフラインの手続き
    2. 大学生が引っ越しするときに必要な手続き②:役所への転出届
    3. 大学生が引っ越しするときに必要な手続き③:早め荷造りは早めに段ボールが必要
  2. 大学生が引っ越しするとき 【在学中編】/家が決まったら問題なくスムーズに引っ越しするための段取り
    1. 引っ越しをスムーズにするための段取り①:引っ越しする日を決める
    2. 引っ越しをスムーズにするための段取り②:退去する手続き
    3. 引っ越しをスムーズにするための段取り③:不用品のゴミを出せる日など確認
  3. 大学生が引っ越しするとき 【在学中編】/忘れがちな引っ越し後にすべきこと
    1. 引っ越し後にすべきこと①:新居のライフラインの開栓
    2. 引っ越し後にすべきこと②:転入届を提出(必要とする場合)
    3. 引っ越し後にすべきこと③:学生課への住所を変更する
  4. 大学生が引っ越しするとき 【在学中編】/よくある失敗を避ける方法
    1. よくある失敗を避ける方法①:試験前に引っ越し予定を入れてしまった
    2. よくある失敗を避ける方法②:思ったより費用がかかった
    3. よくある失敗を避ける方法③:寸法間違いで家具が入らない
  5. 【まとめ】【大学生の引っ越し】在学中の場合何する?必要な手続きと段取り!

大学生が引っ越しするとき 【在学中編】/何をする?忘れがちな必要な手続き

大学生 引っ越し 在学中

大学生の皆さん、新しい環境への引っ越しは順調に進んでいますか?

新しいキャンパスや新しい街に移るとき、必要な手続きや準備をすることを忘れがちになることもありますよね。
本記事では、大学生が引っ越しする際に忘れがちな手続きや必要な準備について詳しく解説していきます。

合宿所やアパートの契約、住所変更や公共料金の手続きなど、引っ越しを成功させるためのポイントをお伝えします。

大学生活を快適に過ごすために、引っ越し前に必ずチェックしておきましょう。

大学生が引っ越しするときに必要な手続き①:ライフラインの手続き

大学生が新しい住まいへ引っ越す際に、忘れがちな手続きとして、まずはライフラインの手続きがあります。

電気、ガス、水道の契約を停止することが必要です。

まず、電気の契約を停止するためには、引っ越し予定日と停止日時を電力会社に申し出る必要があります。

申し出後、会社から手続きの案内が送られてくるため、指定された期間内に必要な手続きを完了させましょう。

次に、ガスの契約の停止は、ガス会社に連絡することで行うことができます。

引っ越し日と停止日時を伝え、手続きを進めてください。

さらに、水道の契約の停止についても同様です。

水道会社に連絡をし、停止日時を伝えることで手続きが完了します。

また、引っ越し前に忘れがちなのが、ネットのプロバイダーへの手続きです。

現在のプロバイダーに引っ越し先の住所を伝え、回線の切り替え手続きを行いましょう。

大学生が引っ越しするときに必要な手続き②:役所への転出届

引っ越し先が違う市区町村になる場合、住民票の移動手続きが必要です。(実家から住民票を移動している場合)

まずは、引っ越し先の役所で転入届を提出し、新しい住所への登録を行いましょう。

また、前の住所からの転出手続きとして、転出届を提出することも忘れないようにしましょう。

これにより、正式に前の住所から転出する手続きが完了します。

住民票の移動手続きは、引っ越し後14日以内に行う必要がありますので、早めに手続きを進めておきましょう。

大学生が引っ越しするときに必要な手続き③:早め荷造りは早めに段ボールが必要

引っ越し前には、荷造りの準備をしっかりと行いましょう。

荷物の整理や分別は早めに行っておくことが大切です。

まずは、必要な荷物と不要な荷物を分け、不要なものは処分するか、寄付するなどの手続きを行いましょう。

引っ越し先のスペースを考えて、必要なものだけを持っていくようにしましょう。

また、段ボールの手配も忘れずに行いましょう。

引っ越しには大量の段ボールが必要になることがありますので、事前に準備しておくことでスムーズな荷造りができます。

さらに、引っ越し前には冷蔵庫の中身も忘れずに整理しておきましょう。

食べ物や飲み物など、保存の難しいものは処分するか、友人や近所の人にあげるなどの方法で、無駄をなくしてください。

引っ越しは大変な作業ですが、準備をしっかりと行うことでスムーズな引っ越しを実現できます。

大学生活を快適に過ごすために、引っ越し前に必要な手続きをしっかりと確認しておきましょう!

大学生が引っ越しするとき 【在学中編】/家が決まったら問題なくスムーズに引っ越しするための段取り

大学生活の中で引っ越しを経験することは、新たな環境への移行や成長の一環と言えます。

しかし、引っ越しは手続きや物品の管理など、様々な段取りが必要とされます。

この記事では、大学生が適切な準備をするためのアドバイスをご紹介します。

引っ越しに慣れていない方でも、この記事を参考にして問題なくスムーズに引っ越しを行えるようになりましょう。

引っ越しをスムーズにするための段取り①:引っ越しする日を決める

新しい家が決まったら、まず引っ越しする日を決めましょう。

その際、引っ越し業者を利用する場合は、調整に注意が必要です。

一般的に、引っ越しシーズンはスケジュールの調整が難しくなるため、価格も上昇します。

できるだけ閑散期を狙って引っ越しすることをおすすめします。

引っ越し業者に確認する際は、早めの予約をすることが大切です。

引っ越しをスムーズにするための段取り②:退去する手続き

次に、現在住んでいる家の退去手続きを進めましょう。

不動産屋さんや大家さんに退去の意思を伝えるために、基本的には引っ越しの1か月前に告知する必要があります。

ただし、契約書に明記されている退去の期限を確認しておくことも忘れずに行いましょう。

事前に手続きを進めておくことで、スムーズな引っ越しを実現できます。

引っ越しをスムーズにするための段取り③:不用品のゴミを出せる日など確認

引っ越しに際しては、不要となった物品の整理も重要です。

まずは処分できるものと処分できないものを分けることから始めましょう。

不用品を処分する方法としては、フリマアプリを利用したり、寄付するなどの方法があります。

また、ゴミの収集日など、ゴミを出せる日についても確認しておきましょう。

照明やカーテンなどは現在の家から取り外して新しい家でも使用できる場合があります。

これらの物品を無駄に買い直すことを避けるために、念のため確認しておきましょう。

引っ越しは大変な作業かもしれませんが、適切な段取りや準備をすることで、スムーズに引っ越しを行うことができます。

この記事を参考にして、大学生活の一環としての引っ越しを楽しんでください。

新しい環境での生活が素晴らしいものになることを願っています。

大学生が引っ越しするとき 【在学中編】/忘れがちな引っ越し後にすべきこと

大学生活の中で、引っ越しは多くの人にとって欠かせないイベントです。

新たな環境での生活を始めるために、効率的でスムーズな引っ越しの準備が必要です。

しかしながら、多忙な学生生活の中では、引っ越し後に忘れがちなこともあります。

この記事では、大学生が引っ越しする際の在学中の準備や引っ越し後にすべきことについて詳しく解説します。

優れた引っ越し計画の立て方や必要な手続き、忘れがちな項目についてもご紹介します。

新しい生活をスムーズにスタートさせるためのヒントをお届けします。

引っ越し後にすべきこと①:新居のライフラインの開栓

引っ越し後、新居で快適に生活するためには、ライフラインの開栓手続きをしっかりと行うことが重要です。
特にガスの開栓には注意が必要です。

ガス会社からの安全確認や点検のため、必ず本人が立ち合って行われることが求められます。

そのため、引っ越しの日程を決める際には、ガス会社のスケジュールも考慮に入れましょう。

手続きを怠ると生活が不便な状態が続くことになりますので、早めに手続きを完了させることをおすすめします。

引っ越し後にすべきこと②:転入届を提出(必要とする場合)

市町村をまたぐ場合の引っ越しでは、忘れてはいけないのが転入届の提出です。(必要とする場合)

引っ越し完了後、14日以内に新しい住所の役所に転入届を提出する必要があります。

この手続きを怠ると、公的な手続きや福利厚生の利用などに支障が生じる可能性があります。

迅速に手続きを行い、新しい居住地での生活を円滑に進めましょう。

引っ越し後にすべきこと③:学生課への住所を変更する

大学生は通常、学校に住所を登録しています。

引っ越しをした場合、今住んでいる住所を登録していたのであれば、
必ず学生課に新しい住所への変更手続きを行う必要があります。

新しい住所への変更は、学校からの連絡や重要な書類の受け取り、奨学金の手続きなどに関わる重要な手続きです。

住所変更を怠ると、情報の漏失や混乱が起きる可能性があるため、早めに手続きを行いましょう。

大学生活の中での引っ越しは、新たなスタートを切るための大切なイベントです。

スムーズに新生活を始めるためには、引っ越し後の手続きをしっかりと行うことが不可欠です。

新居のライフラインの開栓やガスの立ち合い、転入届の提出、学校への住所変更など、大切な手続きをきちんと行いましょう。

忘れがちな項目もありますので、この記事を参考にして、スムーズな引っ越しと新しい生活を楽しんでください。

大学生が引っ越しするとき 【在学中編】/よくある失敗を避ける方法

大学生活の中で、引っ越しは避けて通れない一大イベントです。

新たな環境に移り変わる中、物品の整理や新しい住まいの手配など、様々な準備が求められます。

しかし、多くの大学生が引っ越しの際によくある失敗に直面することも少なくありません。

本記事では、大学生が引っ越しの際によく犯される失敗やミスを避ける方法について探求します。

荷物の整理や運搬、住まい探しのポイントなど、実際の経験を基に、失敗しない引っ越しのコツをお伝えします。

大学生活のスタートをスムーズに切り出すために、この記事をご一読ください。

よくある失敗を避ける方法①:試験前に引っ越し予定を入れてしまった

大学生は講義や試験勉強に忙しい日々を送っています。

その中で引っ越しを計画するのは無理があります。

安いシーズンだからと言って忙しい時期に引っ越しを入れてしまうと、
時間的な制約やストレスがたまります。

予定が合わなくなったり、引っ越し後の生活が落ち着かなかったりすることもあります。

失敗を避けるためには、講義のない休日や長期休暇など、予定が比較的空いている時期に引っ越しを計画しましょう。

学業や試験に集中できる時期に引っ越しを終えることで、新しい環境での生活をスムーズに始めることができます。

よくある失敗を避ける方法②:思ったより費用がかかった

引っ越しには費用がかかるものですが、思ったよりも予算をオーバーしてしまうこともあります。

新居をかっこよくするために、インテリア雑貨をたくさん買ってしまうこともよくある失敗です。

引っ越し費用や新居の家賃に加えて、家具や生活必需品を購入する費用もかかります。

予算を見積もり、必要なものをリストアップしてからのぞむことが大切です。

また、インテリア雑貨に関しても、最初は必要最低限のものだけ揃え、後から少しずつ足していく方が良いでしょう。

無理せずに、自分の予算に合わせた引っ越しをすることが成功の鍵です。

よくある失敗を避ける方法③:寸法間違いで家具が入らない

新しい住まいに引っ越すと、以前の住んでいた場所よりも住み心地が悪くなってしまうことがあります。

特に、近隣環境や周辺の施設について調査を怠ってしまうことがよくあるミスです。

引っ越し前に周辺の住環境をチェックし、自分にとって快適な場所かどうかをよく考えることが重要です。

また、部屋の間取りや寸法の間違いで、家具がうまく配置できなかったり、洗濯機が入らないなどのトラブルもよくあります。

事前にコンセントの位置や間取り図や寸法を確認し、家具や家電製品のサイズに合わせて準備をしましょう。

失敗を避けるためには、詳細な計画と調査が必要です。

引っ越しは大学生活の重要なイベントです。

失敗を避けるためには、予定の調整、予算の管理、環境の確認など、しっかりと準備をすることが必要です。

本記事のポイントを参考に、スムーズな引っ越しを実現し、充実した大学生活を送りましょう。

新しい環境でのスタートを成功させるために、準備を怠らずに取り組んでください。

【まとめ】【大学生の引っ越し】在学中の場合何する?必要な手続きと段取り!

以上、大学生が引越しする際に忘れがちな必要な手続きやスムーズな段取り、引っ越し後にするべきこと、そしてよくある失敗を避ける方法についてご紹介しました。

引っ越しは大変な作業ですが、事前の計画と準備をすることで、よりスムーズに新しい生活をスタートすることができます。

まず、引っ越し前には、学校や自治体への連絡や住民票の移動手続き、転出届の提出などの手続きを忘れずに行いましょう。

また、引っ越しの段取りでは、荷造りの計画や引っ越し業者の手配、必要な家具や生活用品の購入などを行うことが重要です。

これらを事前に計画しておくことで、引っ越し当日のスムーズな作業を実現することができます。

引っ越し後には、新しい住所での登録や郵便物の転送手続き、電気やガス、水道などのライフラインの手続きなど、忘れがちなことにも気を配りましょう。

さらに、新しい環境に慣れるために、近所の地域情報や生活に必要な施設の場所などを調べておくと便利です。

最後に、よくある失敗を避けるためには、事前の計画や段取りをしっかりと行うことが重要です。

また、引っ越し後も新しい生活に慣れるまで時間がかかることもありますので、焦らずに少しずつ慣れていくことを心掛けましょう。

大学生の引っ越しは新しいスタートを迎える大切なイベントです。

この記事を参考に、スムーズな引っ越しと新しい生活の始まりを迎えてください。

部屋
スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしの空間ブログ